真駒内公園

a0183811_18120453.jpeg




[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-19 18:14 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

Rick and Morty (2013) リック・アンド・モーティ

大人の番組枠らしい。こんな面白いアニメを見たことがない。
動画でしか見ていない。アップされているエピソードだけだが、
どの物語展開も素晴らしい。
ミニバースのエピソードは最高。
久々に夢中になる。この世界観が大好きだ。

a0183811_17583951.png




[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-17 18:08 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)

理由にならない理由はない

巷では言い訳を理由として認めない。
そのように育てられる。
しかしながら、言い訳だろうが屁理屈だろうが、理由は理由・・・。
海外へ出ると、特に全く違う文化圏へ行くとその事をしみじみと認識させられる。

ピンの国である日本では、どうでもいいような事に目くじらをたてる輩が多い一方、
したり顔でパワハラの立場から「理由」になってないなどと恫喝する者が、
簡単に大きな嘘にはだまってしまう。
強きを助け、弱きをくじく日本社会。

とにかく、安倍はひどい。
発展途上国の独裁者よりたちが悪い。


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-15 15:47 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

奇妙なことを言われた

何十年も前、学生の頃の話だ。旅行同好会の友人二人からから奇妙なことを言われたことがあった。
昨日、京王線に乗車していただろう、と突然質問された。
京王線からは遠くもないがとにかく離れた場所に住んでいた。
もちろん、京王線など乗っていなかった。アパートの周辺にいた。
そのように返事したのだが、いやいやそんなことはない、確かに京王線に乗っていたと言い張ってきた。
俺が嘘をついていると感じた様子だった。本当にその辺を歩き回っていたと言っても全く信じてもらえなかった。
確信を持って絶対に間違いないとまで言い切った。

父も兄も昔、中国へ何度も用事で出かけていた。
二人とも口を揃えて言った。お前とそっくりなのとしょっちゅう出くわしたと。

ありふれた顔なのだろうが、気味のわるい話だ。


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-10 09:47 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

地震から2日

街の中、救急車のサイレンが響き渡る。

a0183811_18355603.jpg


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-08 18:40 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

夜中のラジオ

夜中の地震に驚いて眼を覚まし、20分後くらいに停電。

スマホも電源はほんのわずか。
2、3日前に捨てたばかりのラジオを思い出した。
真っ暗な中、懐中電灯を照らしながら冷蔵庫脇に置いた不燃ゴミのビニール袋をあさった。
何十年も前のラジオが役に立った。

同日の夕方に電気が回復。
暗くなってベランダから外を見渡すと50m先から電気の灯りがない。
テレビの地上波は未だ映らない。


a0183811_11484959.jpeg





[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-07 12:12 | ★パソコン、衛星テレビ等 | Trackback | Comments(0)

ペストロッソ Pesto Rosso

REWEは、ドイツのマックスバリュみたいなものか。
マックスバリュのトップバリュー製品みたいなペストがこれ。
REWEのペストロッソでも十分美味しい。
これとパルメザンチースがあれば何もいらない。
あと硬いライ麦パンがいい。

a0183811_21014507.jpg



[PR]

# by nshimaafrica | 2018-09-01 21:11 | ★たべもの | Trackback | Comments(0)

少しずつ壊れる

ここ2ヶ月の間にエコー、CTスキャン、MRIなどで胆嚢付近を検査した。
治療の目処がついたと思ったら、先日の日曜日、2011年ベトナムで治した奥歯の一部分が割れて裂けた。
翌日、早速歯医者へ。これもどうにかなりそうだが、それにしても体のどこかが次から次と壊れる。
歯に関しては定期検査の予約など必要がない。何故なら定期的に必ず壊れるのだから。
こうやって年を取るのだろうが先が思いやられる。
70歳まで行き着くのだろうか。

今から考えると、トリニダードの終わり頃から既に劣化が始まっていたのだと思う。
弱い部分から始まるとアドバイスされたが、確かに最初は眼からだった。


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-29 18:09 | ★健康、病気、事故 | Trackback | Comments(0)

過ぎ去る分にはちょうどいい場所

旅行したくなる景色といえば、イタリア。
北欧、ドイツ、イギリスなどの風景を眺めても是非行ってみたいと思わない。
仮に一定期間住むとしたら、たぶん北の地域の方がラテン系ヨーロッパよりも
楽で快適であろうことは容易に想像できる。
その場を過ぎ去るのであれば、イタリアがいい。
もちろん思い込みだ。

日本の田舎に住めるだろうか。
その大変さも理解しているつもりだ。
かといって、もう二度と東京に住んでみたいなどと思わない。

大都会の東京などの場合、日本語がわかるので、押し寄せてくる情報の量も当然多くなる。
とにかく過剰なのだ。
しかも、基本が田舎思考なので、必要な情報を選択的に受け入れる方法がほとんど身についていない。
際限のない無機的な情報を有機的にしか処理できないレセプターの持ち主なら、
当然ながら情報過多になってしまう。

旅行するだけの外国人などは、情報過多にもならず、なりえない。
単に刺激が多く、過ぎ去る分にはちょうどいいのかもしれない。



[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-27 14:54 | ★溜まった妄想 | Trackback | Comments(0)

あっという間に秋の気配

もう暑くはならないだろう。扇風機を使ったのはたった1日だけだった。
記憶では去年は3日くらいだったか。
いづれにせよ、あっという間に秋の気配が漂う。

本州の暑さは想像しただけでも地獄。
その点、ここは快適な夏。
代わりに長い冬の寒さがある。
スキーもしないので尚更だ。

10年住んで一旦慣れた気がしたが、錯覚のようだ。
やはり、寒さがこたえる。
本州は幾分涼しくなった様子だが、ここは夜が冷える。
毛布を足した。



[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-20 17:22 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

公園にラズベリー、たぶん

a0183811_17520011.jpeg
a0183811_17521257.jpeg
a0183811_17514948.jpeg

ラズベリーが公園の雑草として増えてしまうというのも、北海道らしい。
昨年は2、3本の枝に少しだけなっていたにすぎなかった。
今年は一面ラズベリーだらけ。適地適作そのもの。


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-12 18:02 | ★たべもの | Trackback | Comments(0)

ヨーロッパからの写真 2018

a0183811_11060344.jpeg


どこもかしこも暑いようだ。


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-11 11:09 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

BS海外ドキュメンタリー「ママ・コロネル」と呪術

a0183811_09584460.png


昨晩、夜中から始まる海外ドキュメンタリー「ママ・コロネル」を見た。

コンゴ民主共和国(旧ザイール)キサンガニで警察に勤務するタフな女性警察官の日常を追う。
2000年頃に発生した戦争犯罪被害者やDV被害の子供たちのため、
シェルター運営に関わる様々な出来事を取り上げていた。

キサンガニは、地図からすると広大なコンゴ盆地の低地に位置するようだ。
34年前に住んでいたザンビアの隣国といえどもとんでもなく、
果てしなく遠い土地だろうと頭でわかっている。
違う言語、生活圏の人達であろうと推測できる。

当時はザイールと呼ばれていた。国境を少し越えてみたが、
フランス語が全く理解できずすぐに引き返した覚えがある。

最近のドキュメンタリーにもかかわらず、以前と比べても画面が醸し出す生活スタイル、
表情、雰囲気が似ていることや、何かしら細部にサブサハラで共通する点があることに驚いた。
特に印象に残ったのは、何十年経っても、基本的に呪術の世界が紛れもなく存在していたことだ。
人々が同じ呪術を受け入れるレセプターを共有している様子などが、相変わらずなのだ。

日本も同じ。数十年前まで、狐憑きがあり、現代に至っては何のことはない「新興宗教」などに形を変えているにすぎない。
呪術と共通する要素が日本人にしても変わらず存在する。
つまり基本的に地域差などあまりない。

時間の経過にしても同じだ。
人としての進歩などギリシャの哲学者がなんやかんや悩んでいた時代、
2000年前だろうが3000年前だろうが比較しても大して進歩していないことは確かだ。
だから戦争も起こるし誰もが下らないことでやはり悩む。
ただ「様々な技術やその効率」だけが恐ろしく進歩した点が異なる。

現代の薬におけるプラシーボ効果なんてどうだろう。
正に呪術を共通項とする精神構造とあまり変わらないのではないかと妄想する。

ザンビアなどでは、魔法陣のように、泥棒よけに窓や入り口に「呪い」「魔除け」を鶏などの生贄を使っていた。
「呪い」「魔除け」をかけたという「噂」が広がれば、実際に泥棒が侵入できなくなるのだ。

つまり集団催眠のような効果が実際にある。同じレセプターを持つ者どおしにはある程度効果が期待できる。
俺の知る限り、これは事実だ。
西洋のエクソシスト、悪魔祓いなども見かけが洗練されているだけで本質はほとんど同じだと思う。

そこに全くの部外者がズカズカと入りこんだ場合がほとんど漫画だ。
全く効果がないのだから。

マラウイ:見えなかった泥棒1 リロングウェ1997年8月~2000年9月 Malawi


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-09 10:14 | ★溜まった妄想 | Trackback | Comments(0)

真駒内公園

a0183811_19091801.jpeg

a0183811_19092854.jpeg

今日は涼しい。


[PR]

# by nshimaafrica | 2018-08-03 19:13 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

豊平公園 紫陽花の季節

a0183811_12212692.jpeg
a0183811_12220069.jpeg
a0183811_12221310.jpeg
a0183811_12224326.jpeg
a0183811_12231743.jpeg
a0183811_12233560.jpeg
a0183811_12234694.jpeg
a0183811_12235732.jpeg

にほんブログ村 全世界情報
[PR]

# by nshimaafrica | 2018-07-29 12:39 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)