人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 07日

マラウイ:見えなかった泥棒2 リロングウェ1997年8月~2000年9月 Malawi

二日後の夕方、見かけない男女が尋ねてきた。何の用事かと思ったら、あの夜警の兄夫婦だった。二日前仕事へ出たきりまだ家に戻っていないとのことだった。事件の次の朝、あの夜警はいつもどおり早朝帰ったことを他の二人から確認していたので、何が起きたのか全くわからず当惑するばかりだった。彼らは弟が事故に巻き込まれたのではないかと心配をしていた。手助けをしたいのだが、何の手立てもなくどうしようにもない状態だった。警察へは最低届けた方がいいのではとは言っておいた。

状況がはっきりしてきたのは、翌日のことだった。他の夜警がどこから手に入れた情報かよくわからなかったが、行方不明の彼が川の側の茂みの中で見つかったとのことだった。まる二日間の飲まず食わずだったらしく非常に怯えていたことを伝え聞いた。内容はこうだった。あの日の朝の帰り道、膨れ上がる恐怖の虜になり、突然学校の裏の茂みまで来て動けなくなった。目がきちんと見えない様子で、ある物、無い物の区別がつかない症状になっていた。どうもメチルアルコールを飲んでいたらしい。マラウイではよくあることらしく、安酒の中に含まれるメチルアルコールが原因だったかもしれない。急激に失明に近い状態へ移行していたらしい。

もう雇用を続ける事は不可能になってしまった。なんともいえない結末だった。他の夜警に頼んで退職金と残金を彼の元へ持っていってもらった。






Twitter「つぶやく」ボタン
にほんブログ村 旅行ブログ
人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2011-07-07 15:49 | 1986年-Malawi | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nshima.exblog.jp/tb/13038687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ザンビア、マラウイ:マラウイを...      マラウイ:見えなかった泥棒1 ... >>