人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 29日

オーストラリア:1999年年末、カカドゥ国立公園 Australia

a0183811_15204447.jpg


カカドゥ国立公園は、ノーザンテリトリーの州都ダーウィンの近くにある。ダーウィンでレンタカーのカローラを借り、カカドゥ国立公園を目指した。乾季だから行けるような場所らしく雨季になれば辺り一帯が水浸しとなり道路も寸断されがちらしかった。そもそもオーストラリアに熱帯地域が存在することもよくわかっていなかった。アリス・スプリングスからダーウィンに到着し市内まで移動してパンフレットで適当に見つけたホテルに泊まって初めて、どうしてこんなに暑いのだと思ったくらいだった。暑くて冷房を動かすと音だけがものすごく、あまり室温は下がらなかった。また性能がわるいエアコンで話ができないどほどうるさかった。それでもすぐには気が付かず、もしかしてここは熱帯かもとあとから気づいたくらいだった。もう一つ気になったことは、蠅は砂漠中どこへ行っても逃げられないことにあきらめとともに納得したが、ダーウィンの海岸縁では蚊がどこにでもまとわりついてきて鬱陶しかった。

カカドゥへ向かい始めるとドライブが快適で変わりない単調な景色も苦にならなかった。娘と妻は見逃したが、車の目の前をエリマキトカゲが二本足で襟を立てながら道を横切るのを目撃した。ブッシュファイアも見た。淡々と高低差がなく、只々ジャングルというかブッシュの中を横切って行くだけだった。こんなものかと思っていたのが、180度見方を変えたのは、カカドゥ国立公園上空のセスナによる1時間の遊覧飛行だった。真下に広がる国立公園の景色はまさに絶景だった。河や湿地帯には、信じられないほどの鳥がセスナと同じように飛び交い、水と緑が輝いていた。イエローウォーターのクルーズもいかにもオーストラリアらしかった。ワニとコウモリと浸水した森、アボリジニの岩壁画は、この土地以外に経験できないような独特な雰囲気があった。赤土と北半球にない植生は目に馴染んでいない分だけ違和感あり、それがかえって別の大陸であることを強く認識させてくれた。

にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2011-09-29 15:23 | 1986年-Malawi | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nshima.exblog.jp/tb/13714963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< マラウイ:デッツァ 1997年...      ベトナムでドリトス >>