犬どうしはやたら反応しやすい

今さらと思うけど。

日本人以外と話す時は、人間の基本的な部分において共通しているが、
それ以外、かなり違う感性で成り立っているのだという前提で相手にするからあまり腹もたたない。
とはいえ、一旦こじれると、だから尚更すさまじい成り行きになるのも事実。

日本人どおしの関係だと、頭のどこかで相手を理解できる、
もしくは理解してもらえるのではないかという幻想がもたげてくる。

相手の世界などはるかかなた、わかるはずもなく、
向こうも自分の世界など想像すらできないのだ。
その勘違いのせいで、何故わからないのだ、理解してくれないのかと腹が立つことになる。
ちょっとしたことで激高してしまう。

同じ言語を使用しているから表面上の「事実誤認」は少ないかもしれないけど、
ただ単にそれだけ。
各々の「ものさし」は違う。

共感できる、できないは別の次元。

犬の散歩中、犬どうしがやたら反応しやすいのと同じかもね。

にほんブログ村 全世界情報
[PR]

by nshimaafrica | 2018-02-23 10:47 | ★溜まった妄想 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://nshima.exblog.jp/tb/238351328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。