人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 15日

けもの道「密着700日 ワナ猟師 千松信也」

a0183811_09023152.png



小学生の頃、祖父と一緒に夕方、週に2、3度川へ行き、小舟に乗って網を仕掛けた。
あれだけ頻繁に川と馴染んでいたはずなのに釣りも魚も全く興味がない。
ヤスで魚を突いた時などは、頭に突き刺さってのたうち回る姿を見て一変で興味を失くしてしまった。
コーヒー好きと同じくらいに釣り好きも理解できない。
しかし、近所の親父が、罠で捕まえたうさぎを解体するために毛皮を剥がす時などは、
衝撃的とはいえ平気で見ていられた。何度もある。
肉を食える機会がほとんどなかったからかもしれない。
養豚をしていた時期もあったのに。
いつも肉に飢えていた。

今も、わらびや山ウドなどの山菜や川魚の類をありがたそうに、
またうまそうに食べる人達の気持ちが知れない。

4日ほど前、BSテレビで、けもの道「密着700日 ワナ猟師 千松信也」を見た。
京都近辺での山際で猟師の生活を長期に取材したドキュメンタリーの再放送だった。
久しぶりに理屈抜きで心の底から面白いと思った。
罠にかかった猪や鹿などを棍棒で殴り気絶させ、
そのあと馬乗りになって心臓を突き刺して止(とど)めを刺す部分はかなりなものだった。
一方、解体し肉を食べるシーンに惹かれた。



by nshimaafrica | 2019-07-15 09:05 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nshima.exblog.jp/tb/239372479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< また八紘学園花菖蒲園      丘の上 >>