人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:★映画、テレビ( 150 )


2019年 08月 09日

リックアンドモーティー ・バターロボットのくだり Rick and Morty

a0183811_09121427.png

バターロボットは、自分の存在理由を、つまり目的は何かと創造主であるリックへ尋ねる。
テーブルの上でバターを渡すことと簡単に答える。
実際にバターを渡した後、バターロボットなりに考えたらしく再びリックへ尋ねる。
自分の目的は何かと。
唯一の目的はバターを渡すこととこともなげに告げられ、
oh my god と落胆する。
リックはつかさず、welcome to the club, pal (自分達もそう)と答える。
バターロボットと人間の存在に、ほとんど違いはないらしい。

このエピソードの終わりごろ、モーティーのサイエンスプロジェクトの宿題として、
バターロボットは、ジッパー付きの袋に入れられさり気なく現れた。

a0183811_21250470.png



by nshimaafrica | 2019-08-09 09:17 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 06日

アデライン、100年目の恋 (2015) The Age of Adaline

a0183811_23415547.png
ありきたりでも、こういうストーリーが好きだ。
まず偶然などありえないから、部分的に「さざなみ」と同じネタかも。
最近気に入った映画が多い。



by nshimaafrica | 2019-08-06 23:45 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 05日

ミスター・ノーバディ(2009) Mr. Nobody

a0183811_18054816.png
2、3本を1本の映画に凝縮した映画。
アメリカ臭さがなく、とはいえイギリスっぽいわけでもない。
アメリカ人ではないヨーロッパの感性だ。
これだけ充実感を味わえた映画をひさしく見ていない。
面白い。もう一度繰り返して観ようと思う。



by nshimaafrica | 2019-08-05 18:09 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 04日

さざなみ (2015) 45 YEARS

a0183811_10201964.png
GYAOで見た。
主人公である妻の気持ちが痛いようにわかるのも、
自分自身(俺)が年取ってきたせいかもしれないけど、
夫が70歳後半になり、ふとした事から過去にふりまわれるのもまた納得できる。
映画の最後が象徴的かもしれないが、あのあとどんな生活を続けるのだろう。



by nshimaafrica | 2019-08-04 10:24 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 15日

けもの道「密着700日 ワナ猟師 千松信也」

a0183811_09023152.png



小学生の頃、祖父と一緒に夕方、週に2、3度川へ行き、小舟に乗って網を仕掛けた。
あれだけ頻繁に川と馴染んでいたはずなのに釣りも魚も全く興味がない。
ヤスで魚を突いた時などは、頭に突き刺さってのたうち回る姿を見て一変で興味を失くしてしまった。
コーヒー好きと同じくらいに釣り好きも理解できない。
しかし、近所の親父が、罠で捕まえたうさぎを解体するために毛皮を剥がす時などは、
衝撃的とはいえ平気で見ていられた。何度もある。
肉を食える機会がほとんどなかったからかもしれない。
養豚をしていた時期もあったのに。
いつも肉に飢えていた。

今も、わらびや山ウドなどの山菜や川魚の類をありがたそうに、
またうまそうに食べる人達の気持ちが知れない。

4日ほど前、BSテレビで、けもの道「密着700日 ワナ猟師 千松信也」を見た。
京都近辺での山際で猟師の生活を長期に取材したドキュメンタリーの再放送だった。
久しぶりに理屈抜きで心の底から面白いと思った。
罠にかかった猪や鹿などを棍棒で殴り気絶させ、
そのあと馬乗りになって心臓を突き刺して止(とど)めを刺す部分はかなりなものだった。
一方、解体し肉を食べるシーンに惹かれた。



by nshimaafrica | 2019-07-15 09:05 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 30日

インターステラーとバニラ・スカイ

両方の映画とも、どうにもこうにも取り返しがつかない、取り戻せない哀しさがテーマだ。
どうにもならない不条理な展開などは、映像が美しければ美しいほどそのアンバランスさが際立ってくる。
インターステラーは最後に希望が残されるが、バニラ・スカイは、希望か絶望かよくわからない。

True Detective (season 1) のマシュー・マコノヒーの最後の救いは、
そのままインターステラーの救いに繋がり、宇宙へ向かい、戻り、また旅立つ。
バニラ・スカイの未来の超高層ビルの屋上へ上がる時の高速エレベータ。
下るには、真っ逆さまに向かうしか選択の余地はない。

戻れないのはしかたがないけど、哀しい溜息が出る。

加えて音楽が脳味噌に染み込む。



by nshimaafrica | 2019-04-30 10:10 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 20日

朧気な記憶と L'Appuntamento

「小さな村の物語 イタリア」は大好きなテレビ番組のひとつだ。
何気なく見ていると、いつも少しずつ心が落ち着いてくる。
また、最初に流れる 「L'Appuntamento 逢いびき」を聞いていると、
高校で下宿していた頃を思い出す。
初めて聞いたのは確かその時期だった。
当時、大好きだった火曜夜8時からのNHK-FM 「関光男の映画音楽」、とは直接関係ないのかもしれないが、
朧気な記憶では、様々な映画音楽とその曲とが、どこかでしっかりと結びついてしまい、
事実は思い出せない。わからない。
しかし、どうでもいいのだ。



by nshimaafrica | 2019-04-20 18:55 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 29日

体質的にあわない

映画館へ邦画を見に行くことはありえない。
もちろん、レンタルビデオも利用しない。
当然、テレビかGYAOだけになる。
半年ぐらい前、たまたま札幌を舞台にした映画「探偵はBARにいる」シリーズの1本を見た。
期待していなかった分だけ意外に面白く感じた。
大泉みたいに毒を感じないのもいい。ローカルな街の雰囲気もいい。

お笑いの場合、たけしはどうでもいいが、毒のある初期のタモリとか「タモリ倶楽部」のタモリだけの好みだから、
さんまとか松本とかは、名前を聞いただけでごちそうさま、どこがおもしろいのかひとつもわからない。
古くは萩本欽一なんていたが、ガキのころから不愉快だけだった。体質的にあわない。

最近、原作の東直己の本を2冊読んでみた。ひさしぶりに読む気になる。
旭川に住んでいた頃、ローカルの番組コメンテーターに出ていたらしいが全く記憶にない。



by nshimaafrica | 2019-03-29 10:08 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 17日

ゲリラとゴリラの発音は同じ

a0183811_11202707.png



拙い英語ではあるが、ゲリラとゴリラの発音が同じくらいのことは知っている。
同じように、マネーロンダリングというのに、洗濯の方だけコインランドリーと読んで、
まるで laundry の部分が違う単語かのように勘違いしがちだが、当然同じ意味だ。

リック アンド モーティー(Rick and Morty (2013) s03e08 Episode Morty's Mind Blowers)の中で
リックが孫のモーティーから"Take things for granted"の無知を指摘されて、その記憶を消し去るシーンがある。
何回見てもおかしい。

It really makes you think, huh, Morty? We should never take things for granite.
- What? - I'm just saying, life's short.
We shouldn't take things for granite.
- Are you saying "granite"? - Well, yeah.
It's "granted," with a "D.
" Take things for granted.
Did you actually think it was Jesus Christ, Rick, what are you, a boulder A rock person?
How long have you been saying that wrong? Oh, you like that, huh? I b-b-bet that really blows your mind.

人間が月面に降り立ったのはいつだったか?



by nshimaafrica | 2019-03-17 11:33 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 10日

ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅~慟哭(どうこく)の愛と祈り~」


a0183811_10390150.png

宮沢賢治の宇宙観の核を成していたのが保阪嘉内という存在か。
賢治の作品に通底する不思議な感覚が自然に納得できた気がした。
従来の宮沢賢治本に見られる「不自然なこじつけ」に近いような小難しい数々の解説本の胡散臭さが、
これによって一変に吹き飛んでしまった。
早速、今野勉「宮沢賢治の真実」を図書館から借りてこよう。
再放送は2019年2月14日(木) 午前0時00分(60分) らしい。



by nshimaafrica | 2019-02-10 10:45 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)