人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:派米農業研修生(USA)( 60 )


2017年 12月 21日

人間が月面に降り立ったのはいつだったか?

HBOのテレビドラマ「トゥルー・ディテクティブ」の舞台はアメリカ南部ルイジアナ州。
キリスト教の福音主義伝道集会の場面が出てくる。
主人公ラストが、信者達をはなっからバカにするシーンを見ていて、
自分の身の回りに起こったはるか昔の出来事を思い出した。
あまりに象徴的な出来事だったので是非書き留めておかなければならないと思う。
大前提として、キリスト教におけるテレビ伝道や宗派の違いの話ではない。
進化論否定の話でもない。プロテスタントとカソリックの違いでもない。

派米農業研修生としてアメリカの農場で働いていた1981年か1982年ごろの話だ。36年前の話だ。
俺自身も体験したが、まずは兄から聞いた話が傑作だった。

兄はワシントン州ウェナチーの日系アメリカ人の果樹園で働いていた。
ウェット・バックと呼ばれる不法に越境してきたメキシコ人達が主な労働力だった。
小柄だがいわゆる鳩胸、がっちりタイプが多かった。果樹園労働の主力だった。
その中で、兄の仕事仲間にドイツ系メキシコ人、つまりドイツ人とメキシコ人のハーフがいた。
一人だけ長身で大柄な老人だった。粋とおしゃれ、酒と女とデカいピックアップトラックが彼の全てだった。
レオ・バレンタインという名前だった。
ウェット・バックと呼ばれる季節労働者が多かったが、そのままアメリカに働き住み続けるメキシコ人労働者も数多くいた。
レオはそんなメキシコ人の一人だった。その農場の場合、メキシコのグワダラハラ市近辺の地方出身者が多かった。

レオは他のメキシコ人を完全に見下していた。
前置きはいいとして、ある時、兄とレオが世間話をしている中で人類が初めて月面に降り立ったのはいつだったか?という話題になった。1970年か1969年だったはず・・・まではよかったが、レオが言った。

「ところで、こいつら、どのくらいバカか知っているか。」と他のメキシコ人労働者についてある事をほのめかした。

「こいつらは、人間が月へ行ったことすら知らないぞ」

兄は驚き、まさかと思い、他のメキシコ人に1969年か1970年かを試しに尋ねてみた。
その質問を聞いた途端、メキシコ人達は喧喧囂囂。スペイン語でまくしたてた。
ピーンチ、プート、ロコ、ペンデホ、ありとあらゆる罵声の嵐だった。
神様への冒涜だったらしい。

「お前は馬鹿かキチガイか、人間があのお月さまへ行ける訳がないだろうが。罰当たりめ。」

レオはニヤリとして兄を見て片目をつぶったとの事。

レオ本人が英語の文法に「過去形」があることを30年間気がついていなかった。後日知った。




by nshimaafrica | 2017-12-21 12:13 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 27日

36年前、アメリカで覚えた初めての言葉

a0183811_08521808.jpg

つい先ほどまで地平線が緩やかにうねる遥か彼方、
半対方向の河岸段丘の方向にブリュノーの町の明かりがかすかに見えた。

午後10時を過ぎてやっと辺りはいよいよ暗くなった。
満点の星空と月明かりになった。
逆に辺りは少しずつはっきりと見え始めた。

アイダホ州を流れるスネークリバーから少し離れると人家はほとんどなく、
夜になれば何の動物かわからぬ鳴き叫ぶ声が、遠くから響いた。

あれは何の声だとフォアマンの若妻に拙い英語で尋ねた。
俺の英語の発音がわるかったのだろう。何を言っているのか伝わらず、怪訝そうな顔をされた。
鳴き声を真似てみた。やっと気がついた様子。
あれは、「カヨティ」なの、と言った。

何のことかわからなかったが、彼女の口に出した音を真似てみた。
そう、そうなのと答えた。

たまたま正確に同じ音を口にしたようだった。
もごもごと繰り返してみた。

カヨーティ」はコヨーテのことだった。



by nshimaafrica | 2017-06-27 09:05 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

起業する若者につけこむ側の農業知識

a0183811_11285379.jpg
a0183811_10325494.jpg
a0183811_10325736.jpg
a0183811_10325956.jpg
a0183811_10330213.jpg
a0183811_10325056.jpg

大規模に畑作作物へ潅水する場合、アメリカでよく見られるのは、Center pivot (センターピボット)もしくは Circle(サークル)だ。 それ以前は、Wheel line (ホイール)が潅水システムの主流だった。ここ二、三十年の間に、お金のある産油国などでも取り入れられるようになった。但し、あくまでも畑作である。果樹園などはスプリンクラー(散水)やドリップ(点滴)が主流である。動力のもとは化石燃料である。油なしでは食物も育たない。しかも、膨大な量の地下水の消費が必要である。以上のことは海外の農業に係った者なら、「常識」のはずだ。

しかしながら、生産性向上とか言って、調子のいい連中が「アフリカ」でピボットを初めて見たのかどうかわからないが、本家アメリカの実情も知らずに、またアフリカ諸国の農産物生産性の低下を避けるための大規模灌漑云々などとのたまう「無知」には呆れかえる。規模は違っても、国内でも、そういう輩に限って、結構な初期投資のかかるパソコンによる水耕栽培管理を安直に勧め、たぶらかして、農家は結局大失敗するはめになるのだろう。

アメリカでは、雨の降らない西部を中心に、ホイールの前の時代は、ハンドライン(人による作業)が主だった。37年前、アイダホ州でパイプラインを毎朝、毎夕動かしていた。地獄のような作業だった。それはともかく、貧乏農家は、経費節約のためにメキシコ不法移民に依るハンドライン、小金がある農家は、ホイールライン、さらに資金力のある農家、企業はセンターピボット(サークル)を導入していた。一度でもアメリカ西部の上空を飛行機で飛んだことのある人なら、真下に円形の緑地が幾何学医的に並んでいるのを見た覚えがあるに違いない。大企業が中小規模農家を次々と吸収してきた証だ。また、元々、潅水分野は、イスラエルで開発された技術が多い。

アイダホの夏、1980年 Grand View :1980年~1982年 U.S.


by nshimaafrica | 2017-05-07 10:45 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 11日

タグ:派米農業研修生 を カテゴリー:派米農業研修生(USA)にまとめる

タグ:派米農業研修生 ( 30 ) 」 ☚をクリックすると以下のタグの一覧にリンクします。
a0183811_11013948.jpga0183811_11014897.jpg

にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-04-11 11:06 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 09日

ミシシッピー河を渡る 1982年6月 U.S.A.

a0183811_012633.jpg
派米農業研修生の団体旅行、アメリカ横断。

貸切バスから見えた風景

by nshimaafrica | 2013-04-09 00:05 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 16日

メキシコ人労働者の習慣 :1980年~1982年 U.S.

少なくとも自分が知るメキシコ人の男性は、小便をする時隠れて「何か」に降りかけて用事を済ませていた。四方に何もな誰もいないアイダホの畑でも、ワシントン州コロンビア河沿いの果樹園でも同じように「何か」が必要だった。畑の場合には、じゃがいも収穫機やトラクタだったし、果樹園では、りんごや桃の木だった。だから機械や車のタイヤ、りんごや桃などの樹木の幹は必ず小便で汚れていたし痕跡もあった。日本人の男も同じではないかと思われるかもしれない。しかし、真平らの平原で車の側で、誰もいないのにわざわざ車体やタイヤめがけて、しかも体を車体にぴたりとくっつけた行動を日本人の誰がするだろうか。農場で一緒に仕事をした全てのメキシコ人にあてはまることだった。

1人を視て残りの9人もそうに違いないと一般化しているのかと必ず批判されそうだ。たぶん彼らのメキシコでの生活習慣に根ざしているだけの話なのかもしれない。大便の後、拭いた紙をゴミ箱へ捨て、後から燃やしてしまうように。

もう一つ、ワシントン州やカリフォルニア州などのメキシコ人労働者が働く果樹園は、注意してみると小便だけでなく野糞だらけでもある。もちろんかなり偏った見方と言われることは確かだ。

にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-03-16 11:25 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 22日

LAの豆腐:アメリカ 1981年年末 U.S.

ロスアンジェルスにいる間に、花屋で働いていた派米農業研修生宅へ遊びに行った。ちょうど昼飯時で、日系移民1世のお婆さんが作った日本食をごちそうになった。滅多に食べる機会がなかった日本食だったからという訳ではなかったと思うが、味噌汁、漬物、豆腐のどれを食べてもこの上なくうまく感じた。特に豆腐などは、日本で食べるよりもはるかにおいしく感じられた。明らかに増量剤などは使用してしない。本来豆腐とは、このような味だったのではと思わせた。いわゆる混じり気のない本当の豆腐だった。後にアメリカ以外の外国でも似たような経験をしたことで、もしかして食べ物の種類によるが、外国で故に逆に基本に忠実に作っているのでは、と勘繰ってしまった。

にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-02-22 00:30 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 28日

1980年年末 秋のモーゼスレイク WA, U.S.

たぶん12月始め、秋が深まった時期のように見える。いつも不安だった。あまり写真を写すことがなかった。

3階建ドミトリー脇の駐車場とバスケットボールコート

a0183811_9111287.jpg



by nshimaafrica | 2012-09-28 09:31 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 23日

ジャグリング:モーゼスレイク 1980年11月、12月 Moses Lake, WA, U.S.A.

自転車の乗り方とジャグリングは、一旦覚えてしまうと忘れることはない点においてどこか似ている。つまり身についてしまう技だ。ジャグリングと言っても4つも5つも扱うのではない。最低限必要な3つのテニスボールの扱いにすぎなかったが。

ワシントン州のビッグベンドコミュニティーカレッジでの英会話クラスは、3ヶ月の短期実習(8月から10月)の後、11、12月と2ヶ月間続いた。その間、レクリエーションプログラムの一環として、「ジャグリング」のやり方が大学スタッフから紹介された。「できない」状態から「できるようになる」、ステップアップする、つまり達成感を味わい、遊びと同時の教育が目的だったのではないかと思える。

できるようになるまでの時間は、当然ある程度個人差が出てくる。すぐうまくなる奴はすぐにうまくなるし、うまくならない奴はなかなかうまくならない。およそ、世の中の技という技は、自転車やジャグリングと同じで、ある日突然できるようになるのかもしれない。ただ、その技が身につくまでの時間が長かったり、短かかったり、根気が求められるものだったりするかなどの条件が違うだけだ。

たぶん小学校での一輪車なども、同じような教育の趣旨かもしれない。
a0183811_8513022.jpg

にほんブログ村 全世界情報
人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2012-09-23 08:54 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 13日

週末の映画とイースト・ウェナチー East Wenatchee 1980年~1982年 WA, U.S.A

ワシントン州中央部に位置するウェナチー市イーストウェナッチーの幹線道路であるサンセットハイウェイからバレー・モールパークウェイに少し入り、斜め方向の坂道を上がるとノースベイカー・アヴェニューに交差した所から2軒目にある日系人農家の離れに、1年先に渡米した14回生(N回生)の派米農業研修生の兄が住んでいた。食料の買出しのために40分?くらい離れた北の田舎オロンドから隣のオービル農場の研修生の車に乗せてもらってイースト・ウェナッチーに泊まりに来るのが唯一の楽しみだった。単調な果樹園の農作業から開放される土曜日がいつも待ち遠しかった。何がうれしいかと言えば、3、4人連れ立ってイーストウェナッチーのシネマコンプレックスかコロンビア川を挟んで半対側にあるウェナチーの旧来の映画館か、町のはずれのドライブインシアターのいずれかへ行き、毎週映画を見ることだった。アメリカにいるという目の前の現実から離れた不思議な開放感を味わうことができた。
当時、まだドライブインシアターが駆逐される前で、シネコンがアメリカでも当たり前になりつつある時代だった。日本に導入されたのは何年経った後のことで、現在当たり前になっているショッピングモールやシネマコンプレックスなどは、言葉自体が平均的な日本の若者には馴染みのない時代だった。
アメリカ: 鱒釣り 1980年~1982年 WA, U.S.A.
アメリカ: 映画と農場の生活 1980年~1982年 U.S.A.
アメリカ:ワシントン州オロンド9 Watervilleの男 1980年~1982年 Orondo, WA, U.S.A.
a0183811_9162628.jpg
a0183811_9161253.jpg

にほんブログ村 全世界情報
人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2012-09-13 09:26 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)