人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1982年6月-Zambia( 70 )


2019年 07月 30日

卵の白い黄身と胴回りが白いカラス

どうでもいいことだが、テレビの料理番組を見てたら昔を思い出したので書き留めておこう。

三十数年前のザンビアで流通していた卵の卵黄は、白色だった。
黄身が白いのである。
卵黄の黄色は、色素であるキサントフィルとカロチンを含む飼料から生まれるらしい。
当時、ザンビアで与えられる餌は、ハイブリッドの黄色ではなかった。
自家採種の白いデントコーンだった。
黄色の卵黄ではなくなるのは当然だ。
救いだったのは、ケージではなく平飼いが多かったことだ。

カラスは全身真っ黒ではなく、胴回りだけ白かった。



by nshimaafrica | 2019-07-30 18:40 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 06日

過冷却のビールを思い出した

a0183811_11232331.png







過冷却とは wikiによると、「たとえば液体が凝固点(転移点)を過ぎて冷却されても固体化せず、
液体の状態を保持する現象。水であれば摂氏零度以下でもなお凍結しない状態を指す。」らしい。

動画を見ていて思わず思い出した。忘れないように書き留めておこう。

1984年から1986までザンビアに住んでいた時、なんども経験したのだが、
日本では一度もないのが「過冷却」だ。
今から思い出し、考えてみて初めてその理屈を納得する。

冷蔵庫を開け、中からビールなどを取り出すと、突然、中の液体であるビールが瞬時に凍結してしまう。
凍ったビールは、もちろんカチンコチン。飲めはしない。
だが、まれにシャーベット状になる場合は、独特な味になり非常に冷たく美味しいのだ。
不思議な経験だった。
冷蔵庫の性能に影響があったのかどうなのか未だによくわからない。



by nshimaafrica | 2019-04-06 11:28 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 30日

1984年に購入した木彫り

ジンバブウェのどこで購入したか思い出せないとのこと。

a0183811_08544502.jpg
a0183811_08543194.jpg
a0183811_08535686.jpg
a0183811_08541310.jpg

本州に住んでいたなら、たぶんカビだらけになったか、孵化し始めたかもしれない。
太鼓はザンビアの観光土産用だが、皮の質感が気になる。そこがいい。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-06-30 09:11 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

トラベラーズチェックが存在した頃、ひと昔前

近年、日本への外国人旅行客が多くなっているとは聞くが、どうやって円の現金を得ているのか。
早速検索してみた。現在、外国人旅行者にとって日本中どこにでもある「セブン銀行」を利用するのが最も便利・・・
常識らしい。

逆に海外渡航はどうだろうか。ひと昔の常識だとトラベラーズチェックが存在したが、
現在は使用されていない。そのくらいは知っている。

ここ数年、海外へ出かけることがないので、相当に世の常識からずれているのを自覚する。

ある時期、CITIBANKが目立っていた頃は、海外旅行用のクレジットカードが出回っていた。
都市銀行も右習いで次々と見かけた覚えがある。今は廃止・・・この理解が正しいのかわからないが。

昔、アフリカで旅行名目でその国から外国へ出国するという理由をつけて、
現地イギリス系銀行からT/Cを発行してもらうことがあった。そもそも小切手化するのが目的だった。
当時ブラックマーケットでは、公定レートの軽く数倍になっていた。
実際売られている物の値段は、銀行レートではなくブラックマーケットのレートに合致していた。
現地で商売をしているギリシャ人やインド人と馴染みになり、数か月に1度夜な夜な訪れ、お茶をごちそうになった。

現在の海外旅行スタイルは、クレジットカードなしだと何をするにしても不便さが拭えなくなっている。
そうすると、クレジットカード機能を持たせたプリペイド式クレジットカードが必須。
前払い、つまり入金しだだけしか使えないのだから審査なんてないと同じか。
そもそも従来型のクレジットカードを持てない立場の人が多くなっているはず。

その前に、若者の海外旅行離れも多いとしばしば聞く。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-06-22 11:22 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 21日

ローマ地区 ルサカ ザンビア 1984年1月~1986年2月 Zambia

a0183811_17020856.jpg
市内に必要な水道水の絶対供給量が少なかったらしく、個人が掃除機のような仕組みの装置を自宅に設置し、水道管の中に停滞する水を自分の所へ吸引し高床のタンクに確保していた。事務所と称していたが、民家を借り上げた建物だった。道を挟んで清水建設があった。玄関の隣の茂みの中にカメレオンが住んでいたのはルサカだったか、キトウェだったか、水タンクについても、ザンビアだったかマラウイだったのか、かなり記憶が混ぜこぜになっている。

1980年代、衛星放送のための巨大パラボナアンテナは存在していなかったはず。


写真は1999年のルサカ感傷旅行、マラウイから



by nshimaafrica | 2017-04-21 17:19 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 09日

1985年のジンバブエ、真紫のジャカランダ、 Zimbabwe

a0183811_08195420.jpg

ジンバブウェはまだ表面上きちんと機能していた。ハラレで借りたレンタカーはマツダファミリア。
写真の町はたぶんルサぺ、最初に泊ったのはムタレだった気がする。
ジャカランダの紫が信じられないほど美しかった。




by nshimaafrica | 2017-04-09 01:33 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 01日

テレビを見て1985年のビクトリアフォールズを思い出す

a0183811_214634.jpg

BSのグレートネイチャー:ビクトリアの滝を見て、かつてそんな時代があったことを思い出してしまった。

ビクトリアフォールズのイタリア人 1985年 Zimbabwe


by nshimaafrica | 2014-02-01 20:57 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 01日

1986年のコルドバ

a0183811_1921784.jpg
なんてことないが、こんな写真もあった。

久々に働いた。

にほんブログ村 50歳代
にほんブログ村 全世界情報
人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-06-01 19:29 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 16日

カリバ湖の船上にて: ザンビア 1984年1月~1986年2月 Zambia

a0183811_1353267.jpg
ポール・セロー「ダークスター・サファリ」のジンバブウェの部分の中、ムガベの政策で土地を追われたジンバブウェの在住白人が口にする些細な言葉が、「カリバ湖」。ザンベジ河をせきとめてできた巨大な人造湖のことが急に思い浮かんだ。

a0183811_14232369.jpg
上の写真だけ見ると日本の湖のようなので観光船の写真も添付


by nshimaafrica | 2013-05-16 14:24 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 14日

1985年のケニア旅行 残っていた写真から Kenya

a0183811_736747.jpg
ナイロビからモンバサへ
a0183811_7355981.jpg
残った写真を取り出してみた。
a0183811_754495.jpg
モンバサのフォートジーザス
a0183811_7354470.jpg
ナイロビの快適な気候を鉄道で離れ、モンバサで初めて熱帯の「湿度」を実感した。
a0183811_7353698.jpg

1985年のケニア旅行 Kenya



モンバサからインド洋に面した海岸線をラム島までバスで北上した。
a0183811_7352431.jpg
マリンディーか?
a0183811_735937.jpg
a0183811_7345920.jpgラム島の細い路地が続く
a0183811_7344984.jpg3、4階建ての町並み
a0183811_7343520.jpg
釣り船に乗る
a0183811_73422100.jpg
ラム島の海岸線

また同じルートでナイロビへ戻り、そこからマサイマラへのツアー

にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-05-14 07:56 | 1982年6月-Zambia | Trackback | Comments(0)