人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

アジア番外4:世界一周2007年12月~2008年6月 Laos

サバナケット
a0183811_010157.jpg
a0183811_010198.jpg
a0183811_15342429.jpg
メコン河、ビエンチャン
a0183811_092816.jpg
a0183811_091365.jpg
a0183811_09385.jpg
a0183811_085365.jpg
a0183811_083041.jpg
a0183811_0135453.jpg
a0183811_014285.jpg
a0183811_038139.jpg

ラオス側に入ると地形も変わる。ベトナムとは異なり、険がなく幾分のんびりしている。サバナケットで一泊してビエンチャンへ一直線。ODAで作られた道路はカーブが少なく滑らかだった。ビエンチャンはなるほど小さな町で好きになる人の気持ちが納得できた。

ビエンチャンからルアンババンまでの山道は十分に難行苦行だった。もう二度と乗りたくない。

原発がもうこれ以上ひどくならないように。同じ過ちを繰り返すことがないように。


More

by nshimaafrica | 2011-03-31 00:38 | 2006年9月-2009年 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 30日

アジア番外3:世界一周2007年12月~2008年6月 Vietnam

a0183811_10261746.jpg
a0183811_10281011.jpg
a0183811_1026696.jpg
a0183811_10255349.jpg
a0183811_10253130.jpg
a0183811_10251644.jpg
a0183811_1025485.jpg
a0183811_10245329.jpg
a0183811_10243652.jpg
a0183811_10241894.jpg
a0183811_1141064.jpg
a0183811_1024535.jpg
a0183811_10235086.jpg
a0183811_1023356.jpg

国境を越えてカンボジアからベトナムに入ったとたんに田園風景が変わった。きちんと整理されてカンボジアよりもはるかに豊かに見えた。

シンカフェのメコンデルタ日帰り旅行に参加した。デルタ地帯はのどかな雰囲気だった。

フエまでオープンツアーバスを利用して高原のダラットを経由、ニャチャンで風邪をひいてしまい丸々2日安宿で寝ていた。体調が良くなると海岸を散歩して体力の回復を待った。

ホイアンで乗り換えてフエ到着、ビンデュオンの一番高い部屋(15ドル)に泊まった。DMZ日帰りツアーでベンハイ川、ケサン高地へ行った。

フエ発サバナケット経由ビエンチャン行のオープンチケットを買いベトナム、ラオス国境へ向かった。


More

by nshimaafrica | 2011-03-30 10:29 | 2006年9月-2009年 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 29日

アメリカ:22年ぶりにアメリカを旅して3 北西部 2002年7月 U.S.

モンタナ州
a0183811_0314924.jpg
モンタナ州グレーシャー国立公園近く
a0183811_0314223.jpg
イエローストーン国立公園北口近く
a0183811_0313246.jpg
イエローストーン国立公園
a0183811_0312091.jpg
a0183811_1113567.jpg
a0183811_22233484.jpg
オレゴン州コロンビア河沿い
a0183811_0304232.jpg
シアトル
a0183811_0302882.jpg
a0183811_0301736.jpg

初めてのUSドライブ旅行。今でも一番印象が深い。


More

by nshimaafrica | 2011-03-29 00:47 | Trinidad の頃 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 28日

アジア番外2:世界一周2007年12月~2008年6月 Cambodia

カンボジア、クメール・ルージュのよる大量虐殺が行われたトゥールスレン刑務所(虐殺博物館)

a0183811_1264570.jpg
a0183811_1262731.jpg
a0183811_1261454.jpg
a0183811_126175.jpg
a0183811_1254929.jpg
a0183811_12153376.jpg
a0183811_1253524.jpg
ベトナム国境へ向かって
a0183811_125236.jpg
a0183811_1251041.jpg
a0183811_1245567.jpg

政府と利害の結びついた企業とメディアが結びついて地元住民の顔を札束で引っ叩いてねじ伏せた結果が現在の原発の状態だ。元東芝、日立の技術者が当初から懸念していた最悪の事態へ刻々と近づいている。

同調圧力に満ちたこのままの日本社会の延長線上に何も期待できない。が、今この分岐点でどんな判断をするかで未来が大きく変わることは間違いない。


More

by nshimaafrica | 2011-03-28 12:10 | 2006年9月-2009年 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 27日

苫小牧、仙台:太平洋フェリー Ferry

a0183811_14332148.jpg
a0183811_14383512.jpga0183811_1438219.jpg
a0183811_14375299.jpg
a0183811_14372536.jpga0183811_14371556.jpg
a0183811_1437222.jpga0183811_14365210.jpg
a0183811_14355284.jpga0183811_14351743.jpg

2006年から2009年までの3年間に苫小牧、仙台間フェリーに十数回乗った。「きそ」が一番快適だ。最初は船を選ばずその時の日程の船、「いしかり」や「きたかみ」に乗った。きそに乗って初めてフェリーの快適さを見直した。

ミニコンサートは当たりはずれがあるが、航海にはかかせないエンターテイメントだった。毎回欠かさず演奏を楽しんだ。音大を卒業、留学をして演奏が一流、けどなかなか食っていくのが難しいと感じさせるのがいつもの演奏者の印象だった。前に見そこなった映画が上映される時もあった。何故かテレンス・マリックの「The New World」が強く印象に残っている。

夕食は、札幌駅前エスタか仙台駅前デパートさくら野の地下で弁当やお菓子を仕込んで乗船した。大浴場でひとふろ浴び、BSのテレビを見ながらの弁当はいつものことだった。寝る時は、いつも一番安い二等船室だった。

2011年3月11日の大地震後、未だ回復のめどが経っていないようだ。


More

by nshimaafrica | 2011-03-27 14:42 | 2006年9月-2009年 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 26日

モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州:夏旅行2 2004年 U.S., Canada

a0183811_2141371.jpg
a0183811_21412145.jpg
a0183811_2213273.jpg
a0183811_22131885.jpg
a0183811_22133627.jpg
a0183811_21405442.jpg
a0183811_21404348.jpg

アメリカ西部をドライブ旅行中、夕食を中華レストランでとることが少なくなかった。運転で疲れてしまうとどうしても米が食べたくなった。中華バイキングは、たとえモンタナの田舎町でも必ず見つけることができた。また、日本食が食べられるなら、多少値段が高くてもかまわなかった。つまり我慢できなかった。モンタナ州のビリングスでは、韓国移民が経営する寿司屋で辛い寿司を食べた。同じアジア系ということで、随分サービスが良かった。アイダホフォールズでは、妻がまる2日間寝込んでしまい、その間、娘とタイ料理屋へ2回行った。カリフォルニア州では、大概どこでも日本食が食べられる。一旦内陸に入ると西海岸とは違う世界だった。

米なしに生活するのは、あまりに醤油と味噌が体に染み込みすぎていた。


More

by nshimaafrica | 2011-03-26 21:45 | Trinidad の頃 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 25日

北海道:旭川 1992年~1997年 Asahikawa, Japan

a0183811_13234584.jpg
幌加内方面
a0183811_1302277.jpg
美瑛
a0183811_13253829.jpg

1992年から1997年まで旭川に住んだ。薬品卸会社の動物薬営業として入社し地方の共済組合周りをした。旭川周辺、幌加内、上川、美瑛、富良野方面を回った。そもそも営業などをするという柄ではなかったのだ。周りの景色は鮮やかで美しかったが、日々憂鬱だった。会社を辞めたいと思ったが、将来どうするかを考えると不安になった。入社9ヶ月で倉庫内の仕事に変わった。

月曜から金曜まで憂鬱とため息の毎日だったが、週末は妻と娘の3人で毎週ドライブをした。会社の払い下げの車を3万円で買い車検料を払った。エンジンから油が漏れでてくるまで4年近く乗り続けた。最初の1、2年は、観光地や行ったことのない様々な場所を訪れた。イチゴ狩り、温泉、牧場、何を見ても聞いても楽しかった。季節が変わるたびに喜んだ。江丹別から幌加内、母子里へ続く道筋を想うと今でも胸にこみあげてくるものがある。ただ、地元の友だちは誰一人いなかった。ただ自然だけが美しかった。

3万円のカローラⅡを廃車にした後、150万円でトヨタカルディナのディーゼル車を買った。退社して海外へ行くことが決まった後、車を売却せずに旭川から藤沢までフェリーと陸路で移動し、アフリカ、マラウイへ向けて輸出した。旭川を離れる前にハガキで会社に礼状を投函した。郵便が配達されたと思われるちょうど同じ日に、勤めていた会社が本州企業によって吸収合併されたとの記事が地元の新聞、第一面を飾った。


More

by nshimaafrica | 2011-03-25 13:12 | 1986年-Malawi | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 24日

境目の日、月、年

2011年3月11日から日本が大きく変わった日、月、年になるのか。
原発現場で作業している人々の無事を祈ります。

More

by nshimaafrica | 2011-03-24 18:03 | Vietnam の頃 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 24日

アメリカ:ワシントン州オロンド2 TAXI 1980年~1982年 Orondo, WA, U.S.A.

a0183811_11514851.jpg

コロンビア河のほとりの果樹園での労働は、毎日コンスタントに4月以降、11月のりんごの収穫終了まで、そして朝4時から夕方6時まで働いていた。冬の間は剪定、4月以降の潅水が一旦始まると朝一番4時、夕方5時の1日2回の頻度で、トラクタを使っての潅水パイプの移動、4時と5時の間は季節ごとの労働を行っていた。昼は1時間休むことができた。

現在でも当時も、どこの果樹園、農場でもそうだが、メキシコ人労働者抜きにアメリカ農業は絶対に成立しない。思い出したように移民局が不法就労を取り締まるために訪れることはあるが、移民局と農場主は当然敵対関係にあった。政府も暗に現実として認めており、ほとんど年中行事みたいな規制だった。運悪く捕まえられてメキシコに戻されても、1週間後には同じ農場に戻っていたなどという話を始終聞いていた。しかも彼らは各州の自動車免許証を堂々と取得することができた。

アメリカでの肉体労働は単純に過酷だった。まして英語は聞き取れない、話せない、メキシコ人のスペイン語はわからないという状況がますます労働をつらくした。1週間の楽しみは寝るまで白黒テレビを見ることだった。言葉はわからなくても意味は理解できた。「マッシュ」「ヒルストリートブルース」「スリーズカンパニー」「タクシー」、特に毎週木曜夜9時から始まる「タクシー」は、テーマ音楽を聞いただけでうれしくなった。心の緊張が少しずつ溶けていくのがわかった。
a0183811_16342450.jpg


More

by nshimaafrica | 2011-03-24 11:56 | ★音楽、本、DVD | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 23日

いい方向に向かいますように

どこの家庭でも何かしら不幸があり、問題がある。どこでどうなるかもわからない。災害に見舞われようが、そうでなかろうがだ。一寸先は闇とは言ったもので真理かもしれない。黙し祈ろうと思う。いい方向へ向かいますように。

More

by nshimaafrica | 2011-03-23 13:30 | Vietnam の頃 | Trackback | Comments(0)