人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 22日

「日の沈む国へ-歴史に学ばない者たちよ-」 色川大吉

a0183811_1435286.jpgおよそ先生などと言いたくなるような人物を思い描いたことなどない。高校2年の時に読んだ単行本「ユーラシア大陸思索行」の著者「色川大吉」だけは特別だ。今から13年前に書かれた本「日の沈む国へ-歴史に学ばない者たちよ-」を読んでいる。これほど、明快にそうだ、そうだと頷きながら読んだのは久しぶりのことである。さらに圧倒的な力と透明感を感じるのは、辺見庸と同じだ。滅多にお目にかかることがない。


にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-22 14:06 | ★音楽、本、DVD | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 21日

悪の法則 (2013) The Counselor

a0183811_8433183.jpg
野暮用で交通費をかけ札幌駅まで出て来たついで「悪の法則」を見た。リドリー・スコットの映画だから、まずはずれても面白かろうと思ったからだ。映画の質はさておき、十分「弁護士」の心情に入ることができた。派手さを除けば、「トラフィック」を思い出させる展開だが、追い込まれる「弁護士」の心境に同調することができた。自分の知らない世界は、裏があり際限のない闇の中に吸い込まれてしまうということか。

昔トリニダード・トバゴに住んでいたことがある。あの島にはとんでもない金持ちが多くいた。アメリカへの麻薬中継地として成り上がった連中だったとの事だった。住んでいたアパートの裏にある海沿いの高級な邸宅では、定期的に映画のようなパーティーを模様していた。はでな音響が漏れ聞こえていた。次々と高級車で乗りつけた面々が、アパートのベランダから時より見えることがあった。また、新聞には首なし死体(beheaded)が見つかったとの新聞記事や噂話が頻繁に飛び交っていた。見せしめのためなどという噂を聞いたものだ。闇の入口は至る所にあったのを皮膚感覚として感じたものだ。


にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-21 08:45 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 16日

11月16日

a0183811_1725828.jpga0183811_1724848.jpga0183811_1723748.jpga0183811_1722723.jpg

にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-16 17:05 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 10日

たまに頭がすっきりする時

たまに頭がすっきりすることもあり、その時は理由もなく自信が満ちてくる。但し、気のせいかと感じる程度の時間だ。でも、若い時のような活力を取り戻すことはないのだろう。このまま沈没していくのかもしれないが、最低限、長く苦しい思いをしなければそれでいい。今の世の理不尽、不正に対して身を挺して生きている多くの人達の前では、とても恥ずかしくて言えない。自覚している。


にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-10 22:59 | ★健康、病気、事故 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 10日

グランド・イリュージョン (2013) Now You See Me

a0183811_0343973.jpg
期待してなかった分、なお更面白く感じた。後味がわるくない。

にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-10 00:36 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 09日

過去を振り返る

2006年、トリニダードから日本に戻って以来、いつも心の中に浮かぶ自分自身の精神状態のイメージは、まるで酸素不足の金魚と同じだった。水面近くで口を動かしながら必死に呼吸している状態だった。特に、うつ状態になっている間の何ヶ月かの間、常に頭のどこかにそんなイメージが付いてまわった。その後、2010年からのベトナムでの2年間の生活の間にうつ状態は、少しずつ改善していった。2012年に日本に戻り、半年の妻の治療、世話の後、再度、札幌で就職活動を始めたが、事がうまくすすまないことで、次第に別の症状が出てくるようになってきた。以前ほどに心の問題に陥ることはなくなった代わりに、今度は身体的にパニック障害のような体の異常を感じるようになった。動悸、瀕脈の症状が出てくるようになった。時に脈拍が常に100以上で3日間くらい続いたり、また、ストレスを感じるといつも「心臓が動いている」状態を感じざるを得なかった。医者は自律神経失調症、「心身症」であるといい、マイナートランキナイザーが処方され、薬で症状を抑えていた。10月から派遣会社から紹介されたコールセンターでの仕事を始めた。この歳にしては、一時的にものすごいストレスになった。短期記憶の劣化がひどくなる状態に加え、資料の外部への資料持ち出しが厳重に制限される中での研修の下、活きのいい若者にかなうはずもなく、結果的に月末には実質「首」になった。その後紹介されたパン工場生産ラインの立ち仕事にも全く自信が持てず、オファーを断り、結局、派遣会社を辞めることにした。つい何週間前に、国民健康保険から社会保険に切り替えたばかりだったのに、また逆の作業をしなくてはならなくなった。この歳になって、本当は若い時代に経験するべきだったことを、55歳になって経験してるような気がする。最近は、やっと「必死の金魚」から逃れることができるようになってきた。なんとなく、明るくはないかもしれないが、少なくとも肯定的な新しい展開を持てるようになるのでは、という気分になっている。もう若くないことを十分認識するようになった上でのことだ。

にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-09 01:40 | ★健康、病気、事故 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 03日

西岡水源地

a0183811_1732196.jpg
a0183811_1731591.jpg
a0183811_17315047.jpg
a0183811_17313978.jpg


にほんブログ村 50歳代にほんブログ村 全世界情報人気ブログランキングへ

by nshimaafrica | 2013-11-03 17:34 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)