人気ブログランキング |

アメリカのニュースが多いような

アメリカのニュースが多く感じるのは、あのトランプのせいか。今時のアメリカからすると80年代などと言えば
「歴史」になってしまうほどはるかかなただ。時間が過ぎたことを改めて思い知る。
大変な時代になってしまったものだ。これから先のことなど誰もわかりやしない。
何々専門家と言われる連中の予想は、誰をとっても胡散臭く聞こえる。時間が過ぎてから、ああだの、こうだのと言い始めるのが常。
世の中がそれだけ本当の混沌とした状況に入ってしまったのだろう。果たして詩人の勘はどうなのだろうか。
距離も時間もそうなのだが、「アメリカは遠きにありて思ふもの」・・・ではすまない様子。

にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-01-31 17:07 | ★溜まった妄想 | Trackback | Comments(0)

冬の光が漏れてくる

a0183811_16573681.jpg

公園の木々の間から冬の光が漏れてくる。ここは分厚いガラスで外界と遮断されている。公共の場所でソファーがあり、部屋も暖められ快適な空間だ。外の気温はマイナス5度を下回っているのだろう。想像もつかないほどだ。誰もいない。

ボーっとしていると1970年代半ば、高校の頃を思い出した。当時ステレオが欲しくて色々なカタログを集めていた。ソニーのリスンシリーズのシステムコンポのカタログが鮮やかだった。カーテンのない板張りの洋室にコンポが置いてあり、窓の外は夏の白樺のような樹々の枝が青空の中にそよいでいる、そんな写真だった。こんな部屋に住めたらいいな、夢だなと思った。急にその当時の感覚を思い出した。

にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-01-26 16:59 | USA以前、1980年迄 | Trackback | Comments(0)

SONY CF-2700

a0183811_17323388.jpg
1970年代の半ば、高校に入って貯金を取り崩し初めて大きな買い物をした。ソニーのCF-2700 という、いわゆるラジカセ。当時「ステレオ録音」ができるラジオカセット機種の種類が少なかった。

オーディオブームとともにナマロク(生録音の意味だろう、たぶん)が流行っていた。ドルビー+ステレオ録音ができるカセットテープ式録音機材として、「デンスケ」が結構売れていたような記憶がある。結局、CF-2700を購入した理由は、FM放送も録音できると聞いたからだった。

使い始めてからドルビー録音ができないとわかり、ひどくがっかりした。ドルビー録音に過剰な期待と妄想が広がっていた。なんてことはない、つまりデンスケとCF-2700の性能の違いをはっきりと理解していなかったのだ。


by nshimaafrica | 2017-01-25 17:39 | USA以前、1980年迄 | Trackback | Comments(0)

記憶に残る匂い

a0183811_22361303.jpg

ドキュメンタリー「殺人者34万人の帰郷~ルワンダ虐殺22年目~」の中に出てきた花を見て、昔、マラウイのリロングウェに住んでいた家の庭にあったある植物を思い出した。雨季か乾季かは定かではない。ただその期間、日が暮れて夜になるとかなり強烈な香りが漂っていた。最初は何の匂いか、どこから臭ってくるのかわからなかった。頭がクラクラするような香りは記憶の奥底にしっかりと残っていた。

Queen of the night --地元ではそう呼ばれていた。ネットで調べると様々な呼び方があるようだ。


by nshimaafrica | 2017-01-19 22:44 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)

何故炭酸の飲み物を好んだのだろう

子供の頃、まだ母親がコカ・コーラを飲んだことがなかったのか、
初めて口にした時「こんな薬臭いもの、飲めたものではない・・」などと言っていた。
その時、ガキの俺は世の中にこんなうまい飲み物があるのかと密かに思ったことを微かに覚えている。
たぶん4、5歳くらいだったろう。今でこそ半年に1回ぐらいしかコーラを飲むことがない。
何故あれほど炭酸の飲み物を好んだのだろう。

にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-01-11 15:51 | ★たべもの | Trackback | Comments(0)

雪景色を見て記憶のあやふやさを嘆く

かつて仕事で国内の色々な場所を訪ねたのだが、ほとんど思い出せないのはちょっと哀しい。行ったというはっきりした記憶があるが、部分的でしかもバラバラである。普通、見てみたいと思ってもなかなか行けない無理な場所もあった。昔の成田と羽田の空港管制塔へも上ったこともあったし、工事中の東京駅の地下空間、東京航空管制部の薄暗い部屋などもところどころ思い出せる。仕事が絡んだ場所は、ことごとく記憶がぼやける。特に30歳から38歳まで。
旭川でのプライベート等、家族だけの旅行とか主体的に計画した事だけは、比較的記憶の定着がいい。
高校から30歳までの記憶が最も鮮明だ。小中学校の記憶はかなり曖昧だが、その頃の同級生の名前だけはっきりと思い出せる。
同級会へ出席したいが、正月やお盆ではちと難しい。

にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-01-09 14:34 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)