人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 30日

Rick and Morty Pickle Rick

Rickのキャラが圧倒的なのは至極当然なのだが、
娘であるBethの家族の中での位置づけと強さがコンスタントに際立つ。
また単純で無能であるJerryだからこそ、
潜在的な天才性を持つBethの亭主としては逆にちょうどいいのかもしれない。
どのエピソードも、一貫して背景にどうしようもない虚無感と寂しさを感じる。

ところで、s3e3 Pickle Rick の中のセラピストDr. Wongが、
地元で有名な英語関係者にあまりにそっくりで大いに笑ってしまった。

a0183811_23401799.png





by nshimaafrica | 2018-10-30 23:48 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 22日

真駒内公園

a0183811_23541861.jpg









by nshimaafrica | 2018-10-22 23:55 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 18日

リンゴの季節

秋映とシナノスイート

a0183811_18554449.jpg



















by nshimaafrica | 2018-10-18 19:05 | ★たべもの | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 16日

鉄塔の近くで絡んだ鳥

高圧電線のそばで糸か何かに大きな鳥が絡まっていると言われた。
こちらに来て確かめてくれと言う。
窓際へ移動して外を見上げた。2、3百メートルほどは離れた位置だった。
高圧電線を支える鉄塔の近くに見えたのは、鉄塔に繋がったワイヤーに吊り下げられた作業員だった。
明らかに大きな鳥ではなかった。はっきりとヘルメットと手足が見えた。
大きく左右に揺れていた。
何か電線の工事か点検をしていたのだろうか。
とにかくぼんやりとし勘違いで、絡まった鳥に見えたらしい。
仮に鳥だとしたら、コンドル級のサイズでなければならない。
こんな勘違いは、幽霊と異なり大いに結構。
笑えるのだ。

山が動いた話:1980年代 婆さんがまだ元気だった頃



by nshimaafrica | 2018-10-16 16:56 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 09日

北海道駒ヶ岳と函館

たまの遠出。
道南へ向かったのは、たぶん26年ぶりくらいだったかもしれない。
古い友人の世話になる。
台風一過で好天に恵まれた1泊2日。

a0183811_18062672.jpg
a0183811_18061464.jpg
a0183811_18060481.jpg
a0183811_18055163.jpg



by nshimaafrica | 2018-10-09 18:18 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 05日

小川に鮭

近くの小川で鮭を見かける。
今年はあちらこちらに。昨年よりも多い。

a0183811_17315699.jpga0183811_17314667.jpg





by nshimaafrica | 2018-10-05 17:37 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 03日

ファング一家の奇想天外な秘密 (2015) The Family Fang

久しぶりに面白い映画を見た気がした。
姉と弟の関係、バカ親から解き放たれて救われる感がいい。
ニコール・キッドマンがいい。何をもって面白いと感じるのは人それぞれ。

a0183811_16014928.png


by nshimaafrica | 2018-10-03 16:10 | ★映画、テレビ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 02日

なんとなく

世の中、年寄りだらけになりつつあるらしい。
自分もその中の一人になっているはずなのだが、
今ままでにその自覚がなかったのが問題だった。
最近はある。体の調子や睡眠の充実度が、落ちているからだ。
薬がなかったらとっくの昔に片がついているはずだ。
ある種のバロメーターになる。

時間だけはたっぷりあるが、お金を得る心得や手段がなくジリ貧になっていく。
若い時のつけが、今まわっているのだと言われる。もっともだ。否定できない。
自分の自己肯定感の低さは死ぬまで変わらないだろう。

底が透けて見えるほど浅いのに、マリアナ海溝のごとく振る舞える輩が羨ましい。
テレビに映される政治家をみるたび気持ち悪くなる。

何事も信じきれれば何も怖いことはない。
また成功体験が複利のごとく肥大するのも才能だろう。

親の世代は長生き出来たが、これからも続くとは思えない。
さて、あと10年をどう生きられるか。



by nshimaafrica | 2018-10-02 10:18 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)