人気ブログランキング |

nshima.blog

nshima.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アメリカ ( 166 ) タグの人気記事


2017年 12月 21日

人間が月面に降り立ったのはいつだったか?

HBOのテレビドラマ「トゥルー・ディテクティブ」の舞台はアメリカ南部ルイジアナ州。
キリスト教の福音主義伝道集会の場面が出てくる。
主人公ラストが、信者達をはなっからバカにするシーンを見ていて、
自分の身の回りに起こったはるか昔の出来事を思い出した。
あまりに象徴的な出来事だったので是非書き留めておかなければならないと思う。
大前提として、キリスト教におけるテレビ伝道や宗派の違いの話ではない。
進化論否定の話でもない。プロテスタントとカソリックの違いでもない。

派米農業研修生としてアメリカの農場で働いていた1981年か1982年ごろの話だ。36年前の話だ。
俺自身も体験したが、まずは兄から聞いた話が傑作だった。

兄はワシントン州ウェナチーの日系アメリカ人の果樹園で働いていた。
ウェット・バックと呼ばれる不法に越境してきたメキシコ人達が主な労働力だった。
小柄だがいわゆる鳩胸、がっちりタイプが多かった。果樹園労働の主力だった。
その中で、兄の仕事仲間にドイツ系メキシコ人、つまりドイツ人とメキシコ人のハーフがいた。
一人だけ長身で大柄な老人だった。粋とおしゃれ、酒と女とデカいピックアップトラックが彼の全てだった。
レオ・バレンタインという名前だった。
ウェット・バックと呼ばれる季節労働者が多かったが、そのままアメリカに働き住み続けるメキシコ人労働者も数多くいた。
レオはそんなメキシコ人の一人だった。その農場の場合、メキシコのグワダラハラ市近辺の地方出身者が多かった。

レオは他のメキシコ人を完全に見下していた。
前置きはいいとして、ある時、兄とレオが世間話をしている中で人類が初めて月面に降り立ったのはいつだったか?という話題になった。1970年か1969年だったはず・・・まではよかったが、レオが言った。

「ところで、こいつら、どのくらいバカか知っているか。」と他のメキシコ人労働者についてある事をほのめかした。

「こいつらは、人間が月へ行ったことすら知らないぞ」

兄は驚き、まさかと思い、他のメキシコ人に1969年か1970年かを試しに尋ねてみた。
その質問を聞いた途端、メキシコ人達は喧喧囂囂。スペイン語でまくしたてた。
ピーンチ、プート、ロコ、ペンデホ、ありとあらゆる罵声の嵐だった。
神様への冒涜だったらしい。

「お前は馬鹿かキチガイか、人間があのお月さまへ行ける訳がないだろうが。罰当たりめ。」

レオはニヤリとして兄を見て片目をつぶったとの事。

レオ本人が英語の文法に「過去形」があることを30年間気がついていなかった。後日知った。




by nshimaafrica | 2017-12-21 12:13 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 03日

旅行などで一度訪れると

旅行などで一度訪れるとその場の雰囲気を想像できる分、益々驚きが増す。
ラスベガスは、1981年、2003年、2006年と3回旅行で行ったことがある。
1度目はロスアンジェルスからレンタカーの陸路で。
2、3度目は家族で空路だった。

一度に59人も殺害されてしまう。しかもどこから銃弾が飛んでくるかわからない。
やばい国になったものだ。

アメリカへはこれから先、行くこともないし行くつもりもない。

日本も、政治状況において、自然災害において海外から見ると負けずにやばい国に思えるのではないだろうか。
それでも外人観光客が増えているのは、ただ通り過ぎていく立場からか。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-10-03 10:49 | 2013年5月21日以降 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 26日

怖い、怖いと娘は言った

Google mapから
a0183811_09035702.jpg

家族3人でアメリ西部のモンタナ州を中心にレンタカーでドライブ旅行した時のことだった。
旅はほとんど終わり、最初にレンタカーを返すためにビリングスへ戻る途中だった。

娘は当時まだ中学生くらいだったろうか。
はっきりと思い出せないがまだ子供だった。

大陸の広さは娘にとって単調なドライブに過ぎず、飽々していた様子だった。
周りの景色に大きな変化はなく、つまらないと言う。
時々寝たり起きたりの繰り返しだった。

突然、「何か見える」。
たくさん人が殺されて苦しんでいるのが見えると言い出した。
からかわれているのかと思ったが、本人は至って真面目だった。
ふざけた表情ではなかった。
紛れもなく冗談ではなかった。

怖い、怖いと娘は言った。

アメリカインディアン居留地を横目にドライブをしていたことに気がつかなかった。
程なくしてThe Battle of the Little Bighorn の表示が現れた。

a0183811_09170773.jpg

実はこれが初めてではなかった。

数年ほど遡る。高知県須崎の高台の借家の中で同じ事が起きた。
娘だけ着物を着た女の子を見えたらしい。
妻もその場にいて、どうして見えないのかと言われた。

借家の裏山が竹林と墓地だった。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-08-26 09:22 | Trinidad の頃 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 25日

思い込んでしまう恐怖

ヒューストンで乗り継ぎのために泊まったモーテルでの出来事だった。

夜、誰かが俺の部屋を開けようとした。
カードキーが差し込まれたかすかな音の後、急にドアが開いた。
突然ドアチェーンが伸びた音がした。相手は部屋に誰かいることに気がついた。
そいつは、間違いだったような事をいい残し、立ち去って行った。
故意なのか、手違いかわからなかった。

翌朝、早朝で辺りはまだ暗く人気はまったくなかった。
レセプションへ飲み物を買いに出かけた。

部屋へ戻り、鞄に眼をやると何となく見た目が変わったように思えた。
気になって調べると出発前に封筒へ入れておいた現金200ドルがなかった。

眼を離した数分間に忍び込まれたと思った。
こんなドジを踏んだことは今まで一度もなかったのに。
不安と気持ち悪さが残った。

ヒューストン空港に到着した後、今朝ホテルで現金を盗まれたことについて島の妻へ電話した。

勘違いに気がついたのは4、5日後だった。
後日、妻からメールを受け取るまでずっと思い込んでいた。

今から考えると、2006年頃から心の奥底へ小石を放り込まれたのだと思い返している。
徐々に波紋が広がり始めていたのかもしれない。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-08-25 09:14 | Trinidad の頃 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 27日

36年前、アメリカで覚えた初めての言葉

a0183811_08521808.jpg

つい先ほどまで地平線が緩やかにうねる遥か彼方、
半対方向の河岸段丘の方向にブリュノーの町の明かりがかすかに見えた。

午後10時を過ぎてやっと辺りはいよいよ暗くなった。
満点の星空と月明かりになった。
逆に辺りは少しずつはっきりと見え始めた。

アイダホ州を流れるスネークリバーから少し離れると人家はほとんどなく、
夜になれば何の動物かわからぬ鳴き叫ぶ声が、遠くから響いた。

あれは何の声だとフォアマンの若妻に拙い英語で尋ねた。
俺の英語の発音がわるかったのだろう。何を言っているのか伝わらず、怪訝そうな顔をされた。
鳴き声を真似てみた。やっと気がついた様子。
あれは、「カヨティ」なの、と言った。

何のことかわからなかったが、彼女の口に出した音を真似てみた。
そう、そうなのと答えた。

たまたま正確に同じ音を口にしたようだった。
もごもごと繰り返してみた。

カヨーティ」はコヨーテのことだった。



by nshimaafrica | 2017-06-27 09:05 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

精神が病んでいない証拠

1981年3月 Orondo River Park このブランコはもう存在しない. つかの間の休息a0183811_11093102.jpg
2002年6月 アメリカ北西部感傷旅行 Waterville へ向かう途中. Drylandの小麦畑
a0183811_00171411.jpg

ある程度長い旅行をしてから、また普通の生活に戻る。普通の生活がもっと長く続く。
1年、2年になるかもしれない。3、4、5年、もっともっと長くなるかもしれない。

突然、機会が訪れ再び旅行に出る。
興味深いのは、旅に出た時点から、ほとんど完璧に以前の旅行の延長をしている精神状態になることだ。
錯覚に陥る。自分にとってわるいことではない。奇妙な時間感覚だ。
だから尚更、トラウマになるような気まずい旅行はなるだけ避けなければ、と常々思う。

ここ数年間、国内も海外も長い旅行へ出ていない。まだ何も具体的に計画もしていない。
時々妄想するが、これから是非行ってみたい場所はある。
高揚するのは、まだまだ精神が病んでいない証拠だと信じたい。
それすらもなくなったら別のところへいってしまうだろう。

使い勝手がある物価が安い国がいい。
東南アジアの物価も急激に上昇しているのを耳にする。

中央アジアには興味がないが、東欧に惹かれる。
最近、知人がポーランドとウクライナへ6週間の旅行へ行ってきた。
日常から解き放たれた顔だった。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-06-23 09:49 | ★溜まった妄想 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 08日

マイアミ空港で

a0183811_22060294.jpg


やむを得ずマイアミ空港のホテルに泊まったことがあった。
空港に隣接しているためか、窓がない。
冷風が絶えず送られていた。
エアコンを切るスイッチがなかった。
風が止まった途端、カビが肺の中まで侵入してきそうだった。
亜熱帯の薄暗い壁のない部屋、絶え間ない送風、
清潔な分、明らかに第三世界とは違った。
でも異様な雰囲気だった。

何故空港ホテルに泊まりはめになったのかはっきりと思い出せない。
何らかの避けられない理由があったと思われる。

何回通過しただろうか。空港のいたるところが改装中だった。
当時のマイアミ空港のスケジュールのひどさは、アメリカの他の大空港の中でも際立っており、
搭乗券の乗り換えゲート番号は9割方あてにならない。ほぼ出鱈目だった。
大事なことは、マイアミ空港に到着、着陸寸前での機内アナウンスに聞き耳を立てること。
最新のゲート番号の情報を一応頭の中に入れておいた。
更に着陸したらすぐに乗り換えの移動前に空港のモニターを探した。
ゲート番号を再確認する必要があったからだ。
やたら広い空港だった。端から端まで移動したこともある。
いつもゲートめがけて時計を見ながらダッシュした。

マイアミは、南米へのハブ空港だからか、常に混沌としていた。
パスポートコントロールでのトラブルを頻繁に見かけたし、
一見してカリブ、中南米の様々な国籍が入り混じっていた。
あの雑然とした雰囲気にいつも緊張感を強いられた。

不快ではないが避けたい空港のひとつだった。
a0183811_22102972.jpg

にほんブログ村 全世界情報


by nshimaafrica | 2017-06-08 15:05 | Trinidad の頃 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 04日

体の調子が悪い時に旅行すると

a0183811_21015713.jpg

体の調子が悪い時に旅行すると、目に新しく入る景色でさえ輝かなくなる。

2004年の夏旅行がそうだった。
カナダのナイアガラフォール市にある病院で扁桃腺膿瘍の治療後、再度アメリカに再入国し、
飛行機でニューヨーク州バッファローからモンタナ州のビリングスへ飛んだ。
西部の空はどこまでも蒼く雲一つなく大好きなモンタナのはずだった。

ビリングスの空港に着くとタクシーでレンタカー会社へ向かった。
車で移動できるようになると、いつもはなんとなく自由が手に入る気分になるものだ。
どこへでも行ける、好きな時間を設定できる。しかし心に巣くう憂鬱な気分は変わらなかった。

降り注がれる光線は、直線的だが歪んでいた。気持ちはどんよりとしていた。
今にして思えば、体の調子がわるいのだから、
外部の刺激もマイナーに感じるのは当たり前と納得できる。
当時、少しも客観的な見方などできなかった。
中途半端な感覚は、その後ずっと続いた。夜間頻尿と倦怠感のせいだった。
まだ若かったので、一時的にせよ日ごと回復する力が残っていたから旅を続けられたのだと思う。

ビリングスからボズマン、ビュート、州を越えてアイダホフォールズ、また州越えしワイオミング州ジャクソン、グランドティトン国立公園、イエローストーン国立公園、リビングストン、コーディー、サーモポリス、ビッグホーン国立公園、90号線を北上しビリングスへ戻った。

a0183811_21013158.jpg



by nshimaafrica | 2017-06-04 11:44 | Trinidad の頃 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 01日

思い返すと怖くなる

今から考えるとよくもまあ、あんな寂しそうな所に泊まったものだと思う場所が頭に浮かんでくる。
極めて主観的な感想だ。
田舎であるとか都市から離れているとかの問題ではなく、思い出すと血の気が引いてくるような場所だ。
そこへ至るまで、過ぎ去るまでの時間的な前後は、訳の分からない緊張した精神状態なので、
寂しいも、気持ち悪いも何も感じない、思わない。
時間が経って後からよくもあんな所に泊まれたものだと思い返す。
出てきてから怖がるのだから、まるでお化け屋敷の真逆の心理状態だった。

オーストラリア、パースの内陸側の山の中のゲストハウス、カカドュー国立公園近くの南の小さな町。
夏の喧騒が終わり、天気がわるい中での誰もいなくなった海岸線の雰囲気そのものだった。

アメリカのアイダホとユタの州境の小さな誰もいない町、インターステートハイウェイを降り、少しだけ通り過ぎただけだった。
すぐに異様なオーラを感じた。どの家にも窓には不気味な人形が飾られていた。人の気配が全くなかった。

パタゴニアは、プンタアレナスやプエルトナタレスの町と言わずとも、地域全体が世界の果ての雰囲気が漂っていた。
普通の当たり前の町だった。ただ紫外線が非常に強い地域だった。
眼が応えた。なおさら「光」のイメージが強い。
移動中、長距離バスの添乗員を「あいつは公安に違いない」と思い込み、
危険だから何とかしなくてならないとその時真剣に思い続けた。
たぶん、自分の頭が多少おかしくなっていたのだと思い返している。

逆に、やばそうだったのに当時も今も不安を感じないのは、
ザンビアとザイールの国境に接したブッシュの中の道筋と集落。
未だに不思議だと思い返すのは、6差路が茂みの中に存在したことだ。5差路ではない。ロクサロ。
どの方向も全く同じように見えた。一瞬区別がつかなくなった。方向音痴になった。
まるで、漫画「ぼのぼの」に出てくるような場所だった。
バイクの轍を見てはじめて自分の位置を確認することができた。


にほんブログ村 全世界情報

by nshimaafrica | 2017-06-01 10:44 | ★今までに行ったことのある国 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

起業する若者につけこむ側の農業知識

a0183811_11285379.jpg
a0183811_10325494.jpg
a0183811_10325736.jpg
a0183811_10325956.jpg
a0183811_10330213.jpg
a0183811_10325056.jpg

大規模に畑作作物へ潅水する場合、アメリカでよく見られるのは、Center pivot (センターピボット)もしくは Circle(サークル)だ。 それ以前は、Wheel line (ホイール)が潅水システムの主流だった。ここ二、三十年の間に、お金のある産油国などでも取り入れられるようになった。但し、あくまでも畑作である。果樹園などはスプリンクラー(散水)やドリップ(点滴)が主流である。動力のもとは化石燃料である。油なしでは食物も育たない。しかも、膨大な量の地下水の消費が必要である。以上のことは海外の農業に係った者なら、「常識」のはずだ。

しかしながら、生産性向上とか言って、調子のいい連中が「アフリカ」でピボットを初めて見たのかどうかわからないが、本家アメリカの実情も知らずに、またアフリカ諸国の農産物生産性の低下を避けるための大規模灌漑云々などとのたまう「無知」には呆れかえる。規模は違っても、国内でも、そういう輩に限って、結構な初期投資のかかるパソコンによる水耕栽培管理を安直に勧め、たぶらかして、農家は結局大失敗するはめになるのだろう。

アメリカでは、雨の降らない西部を中心に、ホイールの前の時代は、ハンドライン(人による作業)が主だった。37年前、アイダホ州でパイプラインを毎朝、毎夕動かしていた。地獄のような作業だった。それはともかく、貧乏農家は、経費節約のためにメキシコ不法移民に依るハンドライン、小金がある農家は、ホイールライン、さらに資金力のある農家、企業はセンターピボット(サークル)を導入していた。一度でもアメリカ西部の上空を飛行機で飛んだことのある人なら、真下に円形の緑地が幾何学医的に並んでいるのを見た覚えがあるに違いない。大企業が中小規模農家を次々と吸収してきた証だ。また、元々、潅水分野は、イスラエルで開発された技術が多い。

アイダホの夏、1980年 Grand View :1980年~1982年 U.S.


by nshimaafrica | 2017-05-07 10:45 | 派米農業研修生(USA) | Trackback | Comments(0)